車庫証明が必要な場合はどんなとき?

 

ア. 新車を購入したとき(新規登録)
イ. 中古車を購入し、使用の本拠の位置を変更したとき(移転登録)
ウ. 引越し等で住所等使用の本拠の位置を変更したとき(変更登録)
 
登録の前後で自動車の使用の本拠の位置の表示(住所又は所在地)が変更になった場合に車庫証明が必要です。
車庫の場所が変更にならなくても自動車の使用の本拠の位置の表示(住所又は所在地)が変更になれば車庫証明は必要なのです。 
 
車庫証明はいつまでに申請しなければならないのか?
車庫証明の申請、届出は原則 引越しなどで住所が変わった、駐車場を変更したなどの日から15日以内にしなければなりません
 
 
 
車庫証明の申請、届出は原則 引越しなどで住所が変わった、駐車場を変更したなどの日から15日以内にしなければなりません
 

車庫証明申請・届出に必要な書類は?


車庫証明の申請に必要な書類は以下の通りです
 
1、自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書
 
2、保管場所の所在図・配置図
 
3、自認書 又は 保管場所使用承諾証明書
  
  *自認書は保管場所の土地が自己所有の場合
   保管場所使用承諾証明書は、他人(親族等含む)所有の場合
  (保管場所使用承諾証明書にかえて、賃貸契約書の副本又はその他使用に関する権利関係を証する書面を提出することも出来ます)

 

 

マンション、アパートの駐車場の場合はどうしたら?

マンション、アパートの大家さん又は管理会社から『保管場所使用承諾証明書』をもらう必要があります。

管理会社によっては発行手数料が必要となることもあります。

 

(この書類自体はあくまで、承諾書ですので「車庫証明」ではありません。この承諾証明書は、申請書類の一部となります。) 

 

 

引っ越ししたときの手続きはどうすれば?

引越ししたときには 車検証の住所変更が必要となります。
その際に必要な書類を2パターン分けてご説明します。

 

【1.所有者が本人の時】
●車検証  ●委任状  ●車庫証明  ●認印
●住民票(車検証記載の住民票から今現在の住所が記載されているもの)
→詳細は変更登録│自動車・軽自動車・小型二輪・軽二輪をご覧下さい。

 

【2.ディーラーやクレジット会社等の所有権がついている時】
(ローンが完済していない場合などはこれにあたります)
●ディーラーやクレジット会社等の委任状  ●車検証  ●車庫証明
●住民票(車検証記載の住民票から今現在の住所が記載されているもの)
●本人の委任状

 

 

他人から車を譲り受けたときの手続きは?


他人から車を譲り受けたときには名義変更が必要になります。
名義変更をしないと自動車税の納付通知書が自分の所に届かないなど様々なトラブルが発生します。
必ず手続きして下さいね。

 

【1.所有者が本人の時】
●車検証  ●前所有者からの委任状  ●車庫証明  ●認印
●住民票(車検証記載の住民票から今現在の住所が記載されているもの)
→詳細は変更登録│自動車・軽自動車・小型二輪・軽二輪をご覧下さい。

 

【2.ディーラーやクレジット会社等の所有権がついている時】
(ローンが完済していない場合などはこれにあたります)
●ディーラーやクレジット会社等の委任状  ●車検証  ●車庫証明
●住民票(車検証記載の住民票から今現在の住所が記載されているもの)
●本人の委任状

 

 

車のナンバーの区分があるって聞いたんだけど?

 

普通車のナンバー区分は、以下のとおりとなっています。
1ナンバー…普通貨物自動車
2ナンバー…普通乗合自動車
3ナンバー…普通乗用自動車
4ナンバー…小型貨物自動車
5ナンバー…小型乗用自動車
6ナンバー…小型三輪貨物自動車
7ナンバー…小型(三輪)乗用自動車
8ナンバー…特種自動車
9ナンバー…大型特殊自動車
0ナンバー…大型特殊自動車

希望ナンバーを取得したいんですけど、それってできるの?


 基本的にお好きなナンバーを付けることが出来ます、777や888などの一部の人気ナンバーは抽選になります。
希望ナンバーの申請方法は、車検証に記載してあるお車の型式、抽選番号の場合は車台番号、使用者の氏名、普通のナンバープレートか字光式(ナンバーが光るもの)か、あるいは自家用か営業用かをシートに記入して申請します。

 

申し込みは、予約センターで配布する所定の申込書に所要事項をご記入の上、予約センターへ直接持参するか、郵送またはインターネットによって申し込む方法等があります。

 

手数料はご予約の際に支払うことになります。

 

車を廃車するときの手続きは必要?


車を使用しなくなった時には、抹消手続きをした方がよいでしょう。

 

その時に必要なものは、以下のとおりです。
●車検証
●ナンバープレート(前後の計2枚)
●委任状(印鑑証明に記載されている実印がついてあるもの)
●住民票:車検証記載の住所と印鑑証明記載の現住所が相違する場合は住民票等で証明する必要があります。

 

 

県外から引っ越してきてナンバーを変更する場合は?


 変更登録が必要です。
下記の5種の書類をご準備頂き、お車を陸運支局へ持ち込みます。
この際ナンバー代、自動車税がかかります。

●車検証  ●委任状  ●車庫証明
●車検証記載の住所と新しい住所のつながりを証明する書類(主に住民票や戸籍の附票)

 

 

結婚(離婚)した時の手続きは必要?

 

変更登録が必要です。
 【1.所有者が本人の時】
●車検証  ●委任状
●戸籍謄本または抄本などの氏名が変更になっているのを証明する書類。
●車庫証明
※結婚(離婚)と同時に住所も変更した場合に必要です。この場合、住民票の添付も必要です。

 

【2.ディーラーやクレジット会社等の所有権がついている時 】
●ディーラーやクレジット会社等の委任状  ●車検証
●戸籍謄本または抄本などなどの氏名が変更になっているのを証明する書類。
●車庫証明
※結婚(離婚)と同時に住所も変更した場合に必要です。この場合、住民票の添付も必要です。